自分の強みを活かすブログジャンルの選び方!稼げそうだからで選ぶと失敗する理由

だいすけ
だいすけ

こんにちは、だいすけです!

理念とプロフィールはこちら

悩む人
悩む人

✓ジャンル選びが難しい…
✓ライバルと差別化できるジャンル選びがしたい

今回はそんな悩みを解決する記事です。



まずはじめに伝えたい!

「稼げそうだから」という理由でジャンルを選ぶと失敗します。

なぜなら発信がブレるか、他と似たりよったりな発信になるため。

よくネットでも「稼げるジャンル◯選!」とありますが、それより信念や価値観から発信ジャンルを選びましょう。


\ サイト設計の全体像を知ろう /



はじめに全体の流れを確認すると、頭のなかを整理しながら読めます。

「サイト設計の全体像って何だろう?」という場合は、コチラの記事も読んでみてください!

↓↓↓

ブログサイト設計記事のサムネイル
【もう悩まない】ブログサイト設計のやり方とは?具体的な4つの手順まとめ

なぜ「稼げるジャンル」を基準に選ぶべきではないのか?

ネットで検索すると「おすすめの稼げるジャンル◯選」という記事は出てきますよね。

しかしそれを基準に発信ジャンルを選ぶべきではありません。



それには2つの理由があります。

  • 読者の悩みに答えられないから
  • 興味がなければ長く続かないから

読者の悩みに答えられないから

これね、あなたもなにか悩みを検索したことありますよね。

でもまったく悩み解決にならない記事ってありませんか?

たとえば僕の場合は「考えすぎる」悩みをどうにかしたくて検索したのに、

解決策の1つに「あまり気にしないこと」なんて書いてあるとげんなりします。

だいすけ
だいすけ

いやそれができれば苦労せんわッ!!



もうね、考えすぎる人の気持ちを知らんやろと。そう思っちゃうわけです。

人は「あー、この人わかってくれないわ」と思ったら相談しません。



これとおなじで「稼げる」だけを目的にジャンルを選ぶと、読者の悩み解決になりません。

そして共感できないので、リピート率につながらない。となると、サイトの評価もあがりません。

悩む人
悩む人

でも勉強しながらやれば知識はつくんじゃないの?

だいすけ
だいすけ

たしかに行動の過程を発信するのもだいじです!

だけどそれもリスクがあるんですよね。

なぜなら…

興味がなければ長く続かないから

興味がないジャンルを書き続けるのはしんどいです。

そもそも知識がないので、リサーチや勉強から始めないといけません。

それでは時間がかかるし、なによりモチベーションを保てない。

なので少なくともあなたが興味あるジャンルを選びましょう。

悩む人
悩む人

そのジャンルが好きなライターさんに書いてもらうのは?

だいすけ
だいすけ

それはありですね!

ですがその場合も、サイト設計の「step1.コンセプト」が必要です



その分野を書ける人に依頼するのも1つ。

ですがコンセプトはしっかり決める必要があります。

↓↓↓

的を目指すキャラクターの画像
ブログコンセプトの決め方を3つの視点で解説!決まらない最大の落とし穴とは?

自分の強みを活かすブログジャンルの選び方

それではどうすれば、あなたの強みを活かしたジャンルを選べるでしょうか?

ポイントは次の3つ。

  • 自分が1年以上悩んだこと
  • 強い興味関心があること
  • 自分の信念や価値観を見つけるために自己分析する

あなたが1年以上悩んだこと

今まで生きてきたなかで、悩み事がない人はいません。

たとえば知り合いのOさんは、人付き合いがおおく、僕から見たらいつも楽しそうだなと思ってました。

ですが人付き合いが多い人は多い人なりの悩みを抱えているもの。

その人だからこそ抱えている悩みやコンプレックスは、情報発信において強みに変わります。



何か1年以上悩んで、全く改善が見られないことはありません。

本を読んで気づきがあったり、勉強したり、体験したり…。

あなたがどういう悩みがあるのか深掘りしてみると、ヒントが隠されてることも。

↓↓↓

自分だけの強みを見つけたいあなたへ!自己分析の方法4選

強い興味関心があること

たとえいま何も思い浮かばなくても、

「これからやりたいこと」もOKです。



たとえばYouTubeやティックトックで

ダイエットや筋トレを成功させた人たちの発信を見たことあるでしょうか?

元々痩せ型で自信がなかった青年が

一念発起して食事を見直し、筋トレに取り組む。

そして筋トレの結果、理想の体型と自信を手に入れた。



…こういう流れって、見る人に元気を与えると思いませんか?

  • 「目指す方向」を示して
  • それに取り組む姿勢を発信する

こういう発信のやり方もあります。

あなたが解決したい悩みやコンプレックスも強みになりますよ。

まとめ

今回は「稼げるから」という理由だけでジャンル選びをすると失敗する話をしました。

僕自身、トレンドブログや特化ブログで経験済みです。

もちろん、「まず稼ぐ」これはホント大事。ですが長期的に運営していくなら、自分の価値観や信念に沿った発信を目指しましょう。

その方が大きな挫折や失敗を避けられますよ!

自己分析に関してはこちらの記事を参考にしてください。

↓↓↓

自分だけの強みを見つけたいあなたへ!自己分析の方法4選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。