4000名が受講する日本最大のビジネスオンラインスクールとは?

【1章】内向型にとって組織の人間関係が苦しくて副業を探しブログを開始。1年目で月収20万円達成し独立したが…



「何でこんなに人付き合い下手なのかな、俺って…」
「もう嫌だ、何か人と関わらない仕事がしたい」


24歳だった僕は地方の市役所で
臨時職員として働いていました。



市役所は社会人になって3度目の転職先。



周りの友人は会社勤めで経験を積み、
結婚する人も増えてきた。らしい。



「らしい」というのは
だいたい又聞きだからです。



一方で僕はといえば…

  • 大学卒業後は就活せずにリゾートバイト(派遣)で沖縄と兵庫へ
  • 住宅メーカーの営業に新卒で入社するも人間関係に耐えきれず2ヶ月で辞表提出
  • ゲストハウスで1年間住み込みのアルバイト
  • 市役所の臨時職員
  • 彼女なし




おなじ時期に大学を卒業したはず。



気付けば自分だけ社会から
取り残されたような情けなさが残ります。




そもそもなぜ社会人になって
3度も転職しているのか。



それは組織の人間関係に気疲れしてしまうから。
なぜかどの職場でも同じ悩みを抱えます。



いや、苦手意識あるけどそれなりにコミュニケーションは取れる。



そもそも誰かと話したり、一緒に過ごしたりすることは好きです。

1日誰とも喋らないと、頭が痛くなるし。



ただ長い時間一緒にいるとキツくなって、一人の時間が欲しくなるだけ。



ところで、
あなたは「HSP」という言葉を聞いたことないですか?



内向型や繊細さんと呼ばれます。
最近はテレビや書籍で見かけることも増えてきました。



HSPとは、「Highly Sensitive Person/感受性が強く敏感な性質を持つ人」のこと。
全人口の5人に1人が当てはまる性質だと言われています。



ここ1~2年で僕もHSP気質だと知りました。



さて、



そんな内向型な僕は、
社会人になって「4度めの転職」を考えたとき、副業を探し始めます。



組織で働くことは
自分に向いてないと確信したから。


  • 上司に報告するだけで緊張して声がどもる
  • 周りに聞かれてるようで、職場の電話対応が苦手
  • 1人の時間がほしいのに、常に誰かと職場にいてひどく疲れる
  • 怒鳴られてる人を見ると自分が怒られてるようで萎縮する
  • ノリとテンポ重視の会話や3人以上の会話についていけない。そんな自分が情けなくなる
  • 会話の流れを止めるのが怖くて盛り上がってる輪に入れない
    「盛り上がってる最中に俺に話を振らないでくれ…」
  • 毎日決まったルーティンの繰り返しで仕事にやりがいがない
  • 人と話すのは好きだけど、深く関わるのがこわくて打ち解けるまでにかなり時間がかかる




そもそも今まで営業や接客業ばかりを選んできた。



その理由は
強制的に自分のコミュ力を上げたかったから。



どんなにキツくても
社会で生きるならコミュ力は必須。
快活な方が良いに決まってる。



だって俺みたいな悩みを持つ人は周りにいないし。
俺が悪いだけなんだ。



そう信じて内心はツラくても
自分自身に「きっと慣れる」と言い聞かせた。



話す時は2割増しで
テンション上げてみたり
聞き役に徹してみたり。



まぁ結局あとで一人反省会するはめになるんだけど。



一向に慣れる気配がない。


何でだろう、家族や親しい友だちと話すときは落ち着いて話せるのに。



たぶん「何か気の利いたことを言わないといけない」と思うから、何も言えなくなる。



小学校低学年からずっと悩んでいる。



とにかくもう組織で働きたくない。
アルバイト含めたら8回は転職してる。


何か別の方法を探さないと。



とはいえ会社で働かないなら
自分で何かするしかないよなぁ。



仕事が休みの週末、
ひとり暮らしの家でパソコンを開き




「副業 在宅」




とかで調べる。



いろいろあって分からないから

  • ポイ活
  • 仮想通貨(いまは暗号資産と呼ばれる)
  • 古本屋で「月3万円稼げる副業」という本を買って調べる




これらをやってみた。
古本は読んだだけだけど。



※余談ですが
仮想通貨ほど「心に穴が空いた」感覚を
持った経験がありません。
この記事で詳細を書いてます。




副業を探し始めて
偶然見つけたのがブログアフィリエイト。




ブログで稼ぐ発信が目にとまった。



最初はパソコン1台で稼ぐなんて
「いや、できたら良いけど怪しすぎだろ」
と正直疑いしかない。



でも、ブログの仕組みを知るうちに
理にかなっていると思った。



それに話すより書くほうが
考える時間が必要な自分にあってる。



正確に言えば、
「どちらかといえば書く方が好き」
くらいの感覚。



どうしても組織ではたらきたくない。
何かスキルを身に着けて自分で稼げるようになりたい。



「もしダメでも話のネタになる。するだけしてみよう」



そう思い、
有料のブログコミュニティに参加し
ブログ運営を学び始めます。

トレンドブログで1年目に月収20万円達成し独立を決意。しかし…




コミュニティメンバーは30名ほど。



僕は無料ブログの経験はありますが
WordPressでブログを書くのははじめて。



はじめは学生時代に買った、
5万のタブレットPC『Surface』を使いました。



けどこれがかなり遅くて遅くて。



タイピングの入力速度に表示が追いつきません。



これじゃ作業にならない。
ちょうど年明けセールでパソコンが安くなっていました。



デザインが気に入ったLenovoを12万で購入。
10万超えの買い物なんてした事がない。



「うーわ、パソコン買ってしまった」



もう始めるしかない。



記事を書きながら
ブログの操作や書き方に慣れていきました。



初月の収益は800円ほど。
額だけ見れば1時間バイトする方が良いですよね。



ブログで稼いでいきたい、と思っていたし、
周りに理解してくれる人がいなかったので
月800円稼いだとは人にいえませんでした。



それでもブログで収益がでることは分かった。
大きく稼ぐには記事数が必要なんだとか。



僕はその後も書き続けました。



まとまった金額を稼げたのは
ブログを始めて4ヶ月目の事。



その収益が月2万円。



まだまだ少ないけどやっぱり嬉しい。



ただ同時期に
開始2ヶ月で月収30万円を出した
コミュニティメンバーもいました。



正直落ち込みます。



「やっぱりそんなうまくいくわけないよな」
「ブログも才能ないのかな」



こんなネガティブ思考を
何度も振り払いながら
作業を続けます。



会社以外で稼げる可能性がある。
そして何よりパソコン買った。



辞めるわけにはいかん。
むしろ月収30万円稼げたひとがいるなら
やればできるだろ!



何度も諦めそうになりながら
何とかブログを書き続け、



8ヶ月目になんとか月10万円を達成します。



そしてさらに4ヶ月後。
1年目の年末のことです。



世の中は年末商戦で書き入れ時。
ブログ運営者も例外ではありません。



僕はテレビネタを主に扱っており
年末特番やスポーツの話題を
たくさん準備していました。



年末は実家に帰省中。


年末に向けて準備した記事に
アクセスが集まり期待がふくらみます。




「たぶんブログの収益が月20万円いくかも…」




普段あまり話さない父に
思わずソワソワした気持ちを
打ち明けてました。



畳の上でゆっくりしていたら
ついに…





年越し前のギリギリではありましたが
1年目にはじめて月収20万円を達成できました。





「にじゅうまん…」


なんだか人生ではじめて
「成果」を感じたかも。



越せたなぁ…。
ちょっとふわふわした気持ち。



ブログで実績が出てから、
俄然ブログで稼いでいきたい想いが強くなります。



起業家の方々のアドバイスもあり
ブログに集中する環境をつくって
さらに稼ぐことを決意。



仕事を辞めブログ仲間が多い
名古屋へ引っ越すことを決めました。





……




こうやって聞くと
「だいすけさんって行動力ありますね…!」
と言われる事があります。



でもいま思えばちょっと時期尚早だったなと。



当時売上が伸びた原因は
「年末商戦でヒットしたから」



じゃあ翌月はどうか?



そう、時期的な要因があったわけです。




それに当時は
「トレンドブログでもっと稼ごう」と
考えていました。



しかし、



トレンドブログを10万、20万と
伸ばすことはおすすめしません。



くわしくは
トレンドブログの目的とやめどき」に
詳細をまとめています。



この2つを決めない限り、



いつまでも心休まるときがなく
終わりの見えない作業に1日の時間を費やすことになります。




それはあなたの努力が無駄になる可能性が大きいので注意してください




しかし当時のだいすけは知るよしもなく。



さらにブログを伸ばすべく
新天地に向かいます。



そこで待っていたこととは…?



次回は僕が月収20万円達成したあとの出来事を紹介します。

↓下記をタップして2章に移動する

【2章】月収38万円→独立後、月収8万円で食事すらまともに取れない状況?!大量行動で月収200万円突破して気付いた現実