中古ドメイン販売屋さんで購入したドメインをエックスサーバーのネームサーバーに紐付けする方法

こんにちは、Daisukeです。

先日「中古ドメイン販売屋さん」で中古ドメインを購入しました。

ただ、ネームサーバーの紐付け作業が少々分かりづらかったので、今回は手順を紹介したいと思います。

  • 中古ドメイン販売屋さんで中古ドメインを購入した
  • エックスサーバーに中古ドメインを登録済み

という方は参考にしてみてください。

中古ドメインの納品先(管理レジストラ)を確認して、それぞれのサイトで紐付け作業を進めましょう!

ワードプレスをインストールする際、ドメインパワーの引き継ぎに関する要注意項目もチェックしてみてください。

※最終更新日:2020年6月7日

中古ドメインの納品場所を確認する

中古ドメインを購入した時に、中古ドメインの納品先が記載されています。

下記のドメインでは、「管理レジストラ:ラッコドメイン」です。

レジストラとは、ドメインを管理する事業者の事。ドメインのデータベースを管理するのが「レジストリ」と言います。

中古ドメインの納品先

要するにここでは「あなたが買ったドメインはラッコドメインが管理していますよ。ラッコドメインから詳細を確認してね」という事です。

僕は以前購入した際、VALUE-DOMAINに納品されていました。今回もVALUE-DOMAINだと勘違いして、「支払ったのに納品されてない…?」と心配したのでお気をつけください^^

中古ドメイン販売屋さんで購入したドメインをエックスサーバーのネームサーバーに紐付けする方法【VALUE-DOMAIN】

紐付け作業の手順としては、

  1. VALUE-DOMAINにログイン
  2. ドメイン→ドメインの設定操作
  3. ネームサーバーの変更
  4. 保存

で完了です。

具体的な手順を紹介しますね。

バリュードメインにログイン

バリュードメインにログインするとコントロールパネルが表示されます。

メニュー画面の中の「ドメイン」→「ドメインの設定操作」を選択。

バリュードメインをエックスサーバーのネームサーバーに紐付け

ドメインの設定操作

「ドメインの設定操作」の中にあるドメインの横にタブが表示されています。

「ネームサーバー」をクリックしましょう。

バリュードメインをエックスサーバーのネームサーバーに紐付け

エックスサーバーのネームサーバーを入力して保存

エックスサーバーのネームサーバーに紐付けして「保存」を押せば完了です。

※エックスサーバー内の「アカウント」→「サーバー情報」で確認できます

バリュードメインをエックスサーバーのネームサーバーに紐付け

「正常に更新されました」と表示されます。

バリュードメインをエックスサーバーのネームサーバーに紐付け

ラッコドメインでエックスサーバーと紐付けする方法

  1. ラッコドメインにログイン&Whois変更
  2. ネームサーバー設定

ラッコドメインにログイン&Whois変更

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

設定ボタンからWHOIS変更を選択。

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

代理公開設定に設定しましょう。

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

 

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

ネームサーバーの変更

項目が少ない時は「入力フォーム追加」で項目を追加できます。

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

エックスサーバーのドメイン設定

「ドメイン設定」から購入したドメイン設定追加します。

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

ワードプレスのインストール【サイトURL設定は要注意!】

ドメインを追加できたら、ワードプレスのインストールです。

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

注意点として、以前運用された通りのサイトURLにしてください。「http://www~~~」か「http://~~~」は中古ドメイン販売屋さんで確認できます。

「www」の有無はドメインパワーの引き継ぎに関わるので間違えないようにしましょう。

例えば、上記の中古ドメインを「www」ありなしで、ahrefsで確認。

なし→ UR12 DR4.2

あり→ UR27 DR4,2

数値が全然違いますね…!

サーバーに紐付けする際も間違えないよう十分にお気をつけください。

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

 

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

 

中古ドメインとエックスサーバーを紐付けする方法

ワードプレスをインストールしたらすぐに使用できた

余談ですが、通常ワードプレスをインストールしたらブログを開くまでにしばらく時間が空きますが、今回はインストールした直後からワードプレスを開けました。

中古ドメインは全部そうなのかは分かりませんが、すぐに作業できるのは助かりますね。

まとめ

中古ドメイン販売屋さんで中古ドメインを購入したら、ネームサーバーの紐付けが必要です。

管理レジストラ(購入ドメインの納品先)を確認して、それぞれのページで設定を進めていきましょう。

ワードプレスをインストールする際の注意点ですが、「www」のありなしを必ず確認します。ドメインパワーの引き継ぎに関わるためです。

中古ドメイン販売屋さんで確認できるので、チェックしてみてくださいね。