失敗を単なる失敗に捉えない成功者マインド

どうも、だいすけです!



先日、2500万稼ぐある起業家さんとお話してきたのですが、この方超前向きな考え方をしています。

起業家さんを「Aさん」としますね。

Aさんとは知り合って間もないのですが、マインド面でかなり刺激を受けます。



僕は昔から物事をネガティブに捉えることが多く、ビジネスを始めてから練習してようやく考え方を変えてこれたと思います。

ただネガティブ先行の時代が長いので、気を抜くとネガティブが顔を出しますw

今回はAさんの

「失敗を単なる失敗に捉えない成功者マインド」

が凄く良い考え方だと思ったのでシェアしたいと思います。

「うまくいった記憶ってどれくらいあります?」

「だいすけさん、今まででうまくいった体験っていくつありますか?」

Aさんとの話の流れでこう聞かれました。



「うまくいった体験かぁ」



僕はすこし考えてから

「そうですね、ドイツ留学とブログですかね」

と答えました。



1年間ドイツ留学してドイツ語に力を入れたし、ブログも実績をつくることができたから。



思い返しても特にこの2つかな。

するとAさん「なるほど」…

ありすぎて数え切れないです【捉え方】

Aさんは「数え切れないほどある」とのこと。

すげえ。




でもこれは全部成功したわけじゃありません。

「失敗を失敗と捉えるか」「成功と捉えるか」

すべては自分次第ですよね。



Aさんはサッカー部に入部し国大会に行くレベル。

全国レベルの運動部で培った背景があるかもですが、「成功イメージしかない」感覚。



成功のイメージはすごく大事ですよね。

声に出すとか。



Aさんは毎晩自分の目標を口に出していたとのこと。



言霊は科学的な証明はされてないけど、声に出すことは大きな意味があると僕自身思っています。



どうしても

  • 自分にできるかな
  • 私にはできないかも
  • あーもうだめだ

といったことばを口にするとそういう状態を引き寄せてしまいます。



昔の僕はよくマイナスな言葉を発していました。

「何でうまくいかないの」「ダルい」とか。



意識的に減らすようにしましたね。



マインドは見逃してしまいがちですが、根幹となる大事な部分です



何事も捉え方次第だと思ってぜひ口にすることばも変えてみてください!

失敗だと思わない感覚はとても大事です。

考え方を変え始めてから徐々に気持ちの切り替えがうまくなった

僕は子どもの頃から諦めが早かったです笑。



どうせうまくいかない
あーやっぱりダメだ
結局できないのか


失敗をそのままにしてました。

マインドを変えるために、「ネガティブな言葉を使わない」「どうすれば改善できるかに意識を向ける」といったことを意識し始めます。



習慣が変わるには時間がかかります。

  • 行動習慣→1ヶ月
  • 身体習慣→3ヶ月
  • 思考習慣→6ヶ月

思考は半年コツコツやってようやく習慣付きはじめるんです。



なのでまずは「思考習慣の行動をつくる」。

日記をつけたり、「なぜ?」を考える癖をつけたり。



小さな積み重ねで考え方は180度変わりますよ!

まとめ

今回は

『失敗を単なる失敗に捉えない成功者マインド』

と題してAさんとの会話を記事にしました。




失敗は「単なる失敗」ではなく、前向きに考える材料です。



ネガティブに考える癖がある場合は、毎日「なぜ?」「どうする?」など問題を解決する前向きな捉え方をしてみましょう。



時間はかかりますが、確実に変わるので。

また、超ネガティブだった僕の思考習慣がどうやって変わったのか、公式LINEでもお伝えしていきます。

ブログノウハウメインの発信ですが、行動も参考になるはずです。