ブログ記事ネタのジャンルの選び方は?稼げない原因を解説

「ブログ記事は、どのジャンルを書けば良いの?」

「100記事書いたけど収益が出ない…」



ブログ記事をしばらく書くと出てくる悩みです。

実はアフィリエイト記事で避けるべきジャンルはあります。

知らずに運営すると、いつまで経っても絶望的に稼げないブログとなるため要注意です。

今回の記事は、

  • 初期のブログ記事ネタジャンルの選び方
  • 稼げない原因
  • 収益化が早いブログネタ

といった内容を紹介します。

【大前提】自分が好きなものや書けるものが稼げるネタとは限らない!

ここ抜けている人、意外と多いです。

どの記事を書くときも、



【読者が求めている内容】



を常に提供しましょう。

読者が求める内容を提供するとは具体的にどういうことか?

それは、世の中の興味関心を知るということです。後ほどもうすこし詳しく紹介しますね。

もっと自分の発信を知ってほしいからと、自分語りの記事を書く人がいますが、有名人でもない限り読まれません。

  • 自分の考えや生活を知ってほしい
  • 過去のドラマやアニメの考察
  • 自分の日記

といった、自分主体の記事を書きたい場合はもっと知名度が上がってからにしましょう。

ブログ記事ネタジャンルの選び方は?

それでは、どんなジャンルを選べば良いか、選び方を紹介します。

これから収益化を目指す場合、ジャンルを選ばない「雑記ブログ」がおすすめ。

「ジャンルの選び方なのに、ジャンル選んでないじゃん!」

そうです笑。

理由は3つあります。

  • 雑記ブログの収益化が早いから
  • はじめから「特化ブログ」に取り組むのは難しいから
  • 記事を書く練習になるから

1つずつ解説しましょう。

雑記ブログ(トレンドブログ)の収益化が早いから

雑記ブログ(トレンドブログ)とは、ジャンルに限らずトレンド性のあるニュースや話題をネタに記事を書きます。

世の中では常に新しいサービスや人物、商品が出ており話題に事欠かないから書きやすいのです。

簡単に言えば「新しいひと・こと・もの」すべてがトレンドネタだと思ってもらってOKです。

ちなみに「トレンドブログは芸能記事しか書かない」なんてことはありません。

新しいサービス、新しいイベント、テレビネタetc。

芸能ネタに縛られる必要はありません。

もう1つ例を挙げると、「地元ネタ」も狙い目です。

  • 地元で多くのお客さんが来るイベント
  • 地方局の番組

といった、地元でも注目度を集めるものですね。

地元のあるあるネタとかじゃないですよ。

あくまで「注目度がある内容」です。

だからテレビで放映されるものは狙い目となります。

記事を書く練習になるから

新しい記事ネタはバンバン見つかります。

だから記事練習には最適です。

しかも、記事作成はタダ。無料ですよね笑。

書いたもの勝ちです。

自転車の練習と同じで、繰り返し練習すればするほど上達します。

  • タイピング速度
  • 記事の構成
  • ワードプレスの使い方
  • 記事ネタの探し方
  • どういうネタがアクセスが集まるのか
  • 逆にどんなネタのアクセスが集まらないのか

など、自分でやってみないと体感できません。

だから数をこなすのは非常に重要です。

収益を伴いながら記事の練習ができます。たとえアクセスが集まらなくても、分析ができます。

しっかり取り組めば、トレンドブログで月10万余裕でこせます。

だいたい目安として、1万PVで3000円の収益です。※狙う記事ネタによって変わる

1日1万PVを集め続けるのは難しいのですが、別の手法と絡めるとより達成しやすいです。それはまた別の記事で紹介しましょう。

「特化ブログ」に取り組むのは難しいから

ブログをはじめて1記事目から収益化できるわけじゃありません。

目安として、3~6ヶ月は無収入の場合があります。

理由はGoogleにあなたのサイトが評価されるまで時間がかかるため。

特化ブログだとサイトが育つのに6ヶ月は見ておくと良いです。

ただでさえ、成果が出る前に諦める人がおおいブログ。はじめから難しい特化ブログを始める必要はありません。

初心者にとっても雑記ブログはハードルが低く取り組みやすいんです。

記事を書いても稼げない原因を解説

なかには雑記ブログを書いているのに稼げないという声を聞きます。

しかし、様々なサイトを見たり相談を聞いたりするうちに、だいたい次の原因がありました。

  • 記事数が少ない
  • ライバルが多いジャンル
  • YMYLジャンル

記事数が少ない

そもそも記事数が少ない場合。

ざっくり100記事がスタート地点だと思ってください。

基準として「100記事」を出すと「100記事書けば成功する」という考えになる人もいて、正直あまり出したくありません。

ただ、あながち間違いでもないので目安として考えてください。

1日1~2記事書けば、3ヶ月で約100記事に到達します。

ここで一旦習慣の話をはさみましょう。

習慣付く目安の期間を聞いたことがありますか?

  • 行動習慣(読書や運動など習慣付き始める):1ヶ月
  • 身体習慣(筋トレや美容効果などが出始める):3ヶ月
  • 思考習慣(考え方が変わり始める):6ヶ月

と言われています。

つまり100記事書く頃には、ブログが習慣づけされるんです。

ちなみにブログでいう「身体習慣」は、手の動きですね笑。

僕はタイピングしまくって、手の腹(?)の部分が筋肉痛になりましたw

だんだん慣れました。

もちろん、1日3記事書けば1ヶ月で100記事書けます。

「100記事からがスタート」と聞くと「まじかよ…」と諦めそうになりませんか?

でもプロになるまでに1万時間の法則が存在します。1日9時間で約3年。

これを考えると、1日3記事を1ヶ月続けるのはいけそうな気がしませんか?

ライバルが多いジャンル

これも多いですね~。

例えばインフルエンサーをフォローしているひとに多い傾向です。

というのも

  • 自分が好きなジャンルを書きましょう
  • 得意なことを書くと良いです
  • ワードプレスの開設方法
  • 好きな本の紹介

などの内容を推奨したりしていて、そのまま実践しちゃっています。

他にもウォーターサーバー記事とか。

「ウォーターサーバー」「ウォーターサーバー 安い おすすめ」などで検索してみてください。検索結果には、軒並み企業サイトや公式サイト、広告が出てきます。

個人サイトが入るスキがありません。

ライバルが強いので、初心者ブログには太刀打ちできないんです。

雑記ブログだとライバルが少ないところを狙えます。

新しいひと・もの・ことだからライバルが少ないですよね。世の中に出てきたばかりなんですから。

「そんなちいさなところからで良いの?」

大丈夫です。小さなところから入って、徐々に大きくすればいいので。

例えばAPAホテルも元は石川県から小さく会社を立ち上げています。いまではホテル業界を代表する大企業の1つ。

まずはライバルが少ないところから始める。

そのために雑記ブログから始めるべきなんです。

YMYLジャンル

YMYLとは、Your Money Your Lifeの頭文字を取ったことばで、簡単に言えばお金や健康に関する内容です。

YMYLは、病院や医師など権威性があるサイトが上位表示されるため個人サイトでは難しいです。

具体的にいうと

  • 金融にまつわるもの:投資や保険・税金・ローン・銀行など
  • 行政や法律に関わるもの:選挙や政府機関・公的機関・行政サービスなどの情報や日常生活に必要な法律の情報
  • 健康と安全に関するもの:病気や体の不調、薬・病院の他、緊急時の備えなどについての情報やアドバイス

といったもの。

2016年に低品質サイトが乱立して社会問題化したことがあります。特にWELQ(ウェルク)というサイトが問題となりました。

公式サイトや企業サイトが上位表示されるため、全く成果が出ずに終わる可能性があります。

なのでYMYLジャンルは避けて書くべきです。

まとめ:公式LINEで記事ネタが尽きない探し方を動画で無料公開!

今回はブログ記事ネタのジャンルの選び方や稼げない原因を紹介しました。

  • 雑記ブログ(トレンドネタ)を書く方が良い理由
  • 稼げない原因

「これらは分かったけど、じゃあ何を書けば良いの?」

そう感じるかもしれません。

記事ネタで悩むかたは多いですし、記事ネタがないと何を書けばいいかわかりません。

僕の公式ラインに無料登録すると、具体的な記事ネタの探し方を解説した動画を含むメッセージを受け取れます。

  • 具体的な記事ネタの探し方を知りたい
  • どういう風にライバルの有無を判断すればいいか分からない
  • ライバルが少ないネタをどこから探せば良い?
  • 事前にアクセスが集まるネタの探し方を知りたい

という方はいますぐにLINE登録を済ませてください!

メッセージは登録直後に配信されます↓