初心者はクラウドソーシングでライター業務はできる?本当はおすすめしない理由も

「副業した事がない初心者でもクラウドソーシングやっても大丈夫?」

「ライター業務してみたいけど初心者だし…」


何か新しい事を始める場合、自分にできるか心配になりませんか?


ちなみに僕は性格的に心配しやすいタイプです。笑

例えば、僕は仕事を依頼するため、クラウドワークスを2年程利用しています。これまで500人以上からアンケートを募集したり、20名近くのライターさんと一緒にお仕事してきました。


↓僕のクラウドワークスのアカウントです。


はじめての事は不安です。

この記事は、


初心者でもクラウドソーシングでライター業務はできるだろうか。こんな心配を持つあなたに向けた記事です。


結論から言うと、
もちろん問題ありません。


むしろ誰もがゼロスタートなので、
どんどん挑戦すべきですね。


しかし!

そもそもクラウドソーシングを本当に使うべきかどうかは場合によります。

使い方によっては損する場合があるからです。

以下覚えておきましょう。

  • お小遣い稼ぎがしたい場合はクラウドソーシングは十分活用できる
  • 今後月数万~10万以上稼ぎたい場合は、クラウドソーシング任せだとこの先稼ぐ事は難しい


クラウドソーシングが稼げない理由は以下の通り。

  • 文字単価・記事単価で給料が決まるため収入が少ない
  • 受注する仕事がなくなる可能性がある
  • クライアントの当たり外れがある
  • 収入からサービス手数料が引かれる【不要な損失】


本業として稼ぎたいとかしっかり稼ぎたい場合、クラウドソーシング頼みではなく自身のサイト運営が必要です。

もしサイト構築や収益化の知識がないと、上記のクライアントや手数料の悩みから解放されることはありません。


本文ではあなた自身でサイト運営する方法についても触れています!

初心者はクラウドソーシングでライター業務はできる?

冒頭でお伝えした通り問題ありません。

理由は次の3つ。

  • 始めて分かる事が多い
  • 発注者によってマニュアルを用意している
  • 完璧主義の考えは行動を鈍らせる

1つずつ見ていきます。

初心者でも大丈夫な理由1:始めて分かることは多い

始める時凄く不安になる気持ちは分かります。

なぜなら発注者だっておなじ気持ちだからです。笑



僕は初めてクラウドワークスでアンケートを取る時、以下の点を心配してました。

  • アンケート集まるか心配
  • タスク出したけど、思ったより集まらない…
  • 意図した回答と違う答えが来た
  • 適当な回答する人がいてがっかりする
  • お金無駄にならないか


僕は発注者なのでアンケートを集める場合、お金の支払いがあります。

2020年現在は最低単価が5円ですが、僕が初めて募集した時は3円でした。最低発注金額は現在と変わらず300円。


300円って500mlペットボトル2本分です。普段から使う金額なのにタスクを募集するときは緊張したんですよね。笑



「お金が無駄になったらどうしよう」と。


でも一度やると全然抵抗なくなります。例えタスクが全部埋まらなくても、改善して次進めようと思えるからです。



これは「やって気付いたこと」なんですよね。

つまり未経験の内容を頭で考えても仕方ありません。まず行動に移す。

それから考えるくらいで丁度いいですよ。

初心者でも大丈夫な理由2:発注者によってマニュアルを用意しているから

マニュアルを準備しているクライアントさんは沢山います。


僕は初心者さんがすぐ記事に取り掛かれるようマニュアルを準備してます。

ライター業務が初めてでも、マニュアルに沿って進めたら記事ができあがってますね。

アルバイトや仕事のマニュアルと同じです。

ちなみにあなたが初心者OKの案件を探す際は

  • 絞り込み検索の「未経験可」にチェックして検索
  • 「ライター 初心者」「ライター マニュアル」などで検索

すると案件が出てくるのであなたの希望に沿う案件を選んでみましょう。


↓参考画面

初心者でも大丈夫な理由3:完璧主義は捨てて行動すればうまくいくから

「初めてでも業務をこなせるかな」


理由1でも書きましたが「まず動いてから」考えましょう。僕は以前は完璧主義でした。

完璧主義だと自分の頭でこねくり回した結果何もしません。だから全く行動に移せないんですよね。

以前の僕は始める前には「やっぱ無理かな」とか言って諦めてました。当時の自分をぶん殴りたい。笑



クラウドソーシングに限らず、やる前の心配は9割不要です。

未経験だから分からない事があって当然。



例えば、僕は佐賀出身なんですが、初めての東京で路線図を見た時戸惑いました。何度も利用する内に慣れると思うんです。僕は未だに迷いますが。笑



分からなくとも駅員さんに聞いたりGoogleマップで調べて行きますよね。



同じようにやりながら行動するって凄く大事な姿勢です。

脱完璧主義になる為には、先に行動する事をおすすめします。

本当はクラウドソーシングの利用をおすすめしない理由

ここまで読めば、初心者でも業務はできることが分かりますよね。

マニュアルに沿ったり、指示通りに進めたらライター業務は可能です。


ただ、あなたがまとまった収益を得たい場合はクラウドソーシングをおすすめしません。

  • クライアントの当たり外れがある上、収益がクライアント依存するため仕事がなくなる可能性がある
  • 文字単価・記事単価で収入が決まるため

クライアントの当たり外れがある

僕は発注者目線で話しますが、外注ライターさんに恵まれるかどうかは「募集時点で8割決まる」と考えています。

おかげさまでライターさんが辞める際に感謝されることは多いです。


ただ、Twitterやネット上ではクライアントの対応が悪いといったコメントも見かけます。


いちいちクライアントに振り回されるのは嫌じゃないですか?


良いクライアントに出会えたら良いですが、運任せなのではないでしょうか。

仕事がなくなる可能性がある



今の時代は自分で稼ぐ力がとても重要です。



時代的な流れからも言えます。

2020年から世界中でコロナが蔓延し、倒産してしまう企業も出てきました。企業に勤めていたら安心、という時代ではありません。


個人でも同じです。

「クラウドソーシングで来月も継続できると思っていたのに契約解除の連絡が来た」

こういったツイートを見かけました。


ビジネスですから、サイト運営を辞めることはありますし、必ず継続される保証はありません。


このようにクライアントの状況で収入が左右される可能性があります。精神衛生上も良くありません。

これがおすすめできない理由2つ目です。

文字単価・記事単価だから収入が少ない

冒頭でお伝えした通り、お小遣い目的であればクラウドソーシングは凄く便利です。



しかし、まとまった収益をあげたい場合は、文字単価・記事単価のしごとでは「自分の時間を作りながら」稼ぐことはできません。

どういうことか?

例えば、クライアントに交渉して仮に文字単価0.5円→2円にできたとしましょう。

1万文字書いた場合、

  • 文字単価0.5円→5,000円
  • 文字単価2円→20,000円

一見良さそうに見えますよね。



ですが、1回限りの収入です。



「そりゃそうだよ。」と思うかもしれません。



あとで紹介しますが、あなた自身が運営するサイトに投稿すれば、書いた記事は溜まっていきます。

例えると、ネット上に自分のお店を構えて、作った商品を棚に並べるイメージです。


受注するだけでは自分のお店に商品が貯まることはなく、作り続ける必要があります。


あなたが将来的に、

  • 自分の時間を取りたい
  • 趣味も楽しみたい
  • 新しいことにチャレンジする時間も欲しい

という場合、
クラウドソーシングはおすすめできません。

サービス手数料で損しています【収入が増えない原因】

取り引きの度にサービス手数料が掛かります。

サービスによりますが、20%も取られるってかなり痛手です。

10,000円のしごとの内、2千円は手数料で取られるんですよ。



不要な出費は抑えるべき。



ちょっと不要な出費に関する過去話。


僕の初めてのバイトは時給800円のカラオケ店員でした。交通費で往復900円掛かる場所だったんです。

だから1時間は交通費の為に働いてますよね。これではもったいないです。


クラウドソーシングの手数料も同じですね


クラウドソーシングサービスはガッツリ稼ぐには不向きだと理解しておきましょう。

知識は一生使える&減らない

クラウドソーシングに依存する限り、収入を上げるのは難しいです。

しかし、自分のブログを運営すれば、作った商品(記事)から収益がうまれます。

ネット上に自分の代わりに話してくれる営業マンを作るイメージだと分かりやすいでしょうか。

この記事も一度書いて公開する限り、僕本体の代わりに情報を伝えてくれますよね。


ライター業をしていると、文章を書くことには慣れています。

だから

  • ライティングスキル
  • SEOの知識
  • SNSの使い方
  • ブログ運営術

を学ぶだけでも、クライアントに依存せず自分で収益を伸ばすことは可能です。


一時的な収入や出費に目を向けるより、
長期的に使える知識に投資しましょう。


身近な例で言うと、マスクがあります。コロナの影響で箱買いしているかもしれませんね。

僕は洗えるマスクを使っています。洗えるマスクは初期費用こそ掛かりますが、長期的にみると箱買いするよりお得だからです。



塵も積もればなんとやら。



知識は一度身につけると何度も使えます。

自分で稼ぐスキルを身に付けない限り、

  • 文字単価や記事単価での収入に依存する
  • いつ仕事がなくなるか分からない
  • クライアントの良し悪しで仕事のやりやすさが変わってしんどい思いをする

といった問題に悩み続けることに。

だからこそ、自分のサイト運営を学んで運営すべきなんです。

本業を目指すor月5万以上稼ぐなら自分のサイトを運営すべき

サイトを作る簡単な流れを紹介すると

  1. ドメイン(住所)やサーバー(土地)を契約
  2. ワードプレス(家の建築方法)でブログを立ち上げる
  3. プラグイン(ブログ内のオプション機能)を入れて環境を整える

これで記事を書くまでの準備ができます。


とはいえ、


「でも自分のサイトを作って記事を書くなんて難しそう」


このように思っていませんか?


ここでもう一度思い出してください。


僕は『初心者はクラウドソーシングでライター業務はできる?』の章で、悩みすぎる人はまず何をすべきだと話したでしょうか?



はい。



「動いてから考える」ですね。
やる前に考えても仕方ありません。


まずは自分のサイトを作ってみましょう。


もし迷う場合は僕の公式LINEを活用してもらっても構いません。


公式LINEでは、具体的なブログ開設手順と収益化の流れを解説しています。

公式ラインに登録してくれた方から「早く見れば良かった」と言っていただいてます!


友達追加すると、すぐにメッセージを配信するので、そのメッセージからチェックしてください。

【限定配信】3つの無料動画でブログの開設~収益化の方法までを解説

僕自身、始めたばかりの頃はブログの立ち上げってどうすれば良いかさっぱりでした。

ブログで重要なのはマネタイズ。

早くマネタイズの段階に進めるために

ブログを始めるまでの解説手順やどのように収益化すれば良いかを解説した3つの動画を無料配信中です。


↓『入門編』:マインドマップで手順を解説しています
※こちらは画像です

入門編
  • 入門編
  • 準備編
  • 実践編

の動画を見れば、ブログの収益化までの流れが分かります。

LINEなので合わなければすぐにブロックできます。

ただし、今後配信内容は変える事がありますので、早めに見てください↓

まとめ

今回は以下の内容を紹介しました。

  • 初心者はクラウドソーシングでライター業務はできるか?
  • クラウドソーシングを本当はおすすめしない理由

初心者でも全然問題ない理由は以下の通り。

  • 誰でも最初は初心者だから
  • 発注者によってマニュアルを用意しているから
  • 完璧主義の考えは行動を鈍らせるから



副業して収入を得たい場合、長期的に見てクラウドソーシングはおすすめしない理由が、

  • クライアントの当たり外れがある
  • 文字単価・記事単価で給料が決まるため収入が少ない
  • クライアントに仕事をもらうため、仕事がなくなる可能性があるから
  • サービス手数料を取られる

といった点です。


自分のブログを運営する方が圧倒的に収入が増えます。長く運営したい・収入を増やしたい場合は自分のサイトに挑戦してみましょう。


僕の公式LINEでは、無料で学べるブログ講座では3つの限定動画を配信中です。

ここだけでしか見れない動画や最後までみた方限定特典を準備しています。


将来に向けてステップアップしたい場合はぜひチェックしてみてください。