自分のブランド作りが大事

こんにちは、Daisukeです。

2019年8月24日㈯に東京・神田で開催された東京セミナーに参加してきました。久々にお会いするメンバーや初めての方にもお会いできてやっぱりリアルは刺激を受けますし楽しいです。

今回のセミナーでは情報発信をすべき理由やそもそもブランドって何なのかといった話でした。

これからの時代に長くビジネスをするには「ブランド」が必要不可欠な要素。

そもそもなぜブランドが必要なのか?といった点から見ていきたいと思います。

「ブランド」とは「何か好き」な感覚

ブランドが必要な理由とは、ノウハウで勝負すると今後苦戦を強いられるため。

たとえば、あなたが誰かからブログで稼ぐ方法を教わりたいと思った時、次のどの人物から教わりたいと思いますか?

  • 月収100万稼いだAさん
  • 月収200万稼いだBさん
  • 月収300万稼いだCさん

……

数字で見ると、一番実績があるCさんに教わる方がより稼げるのではないか?と感じませんか?月収100万円稼いだ事はものすごい事ですが、Aさんの魅力が薄い印象になってしまいます。

ノウハウだけで魅力を伝えると実績だけの勝負になりますし、ノウハウを学んで「ハイ、さよなら」といった冷たい関係になる可能性が高そう。。

それではたとえば次のような場合はどうでしょうか?実績は先程と同じでその人のブランドを追記しました。

  • Aさん:サラリーマンの激務をこなしながら副業で月収100万を達成。週末は子どもたちと釣りに行くのが楽しみ。趣味はバイクでツーリング
  • Bさん:子育てに悪戦苦闘しながら家事の合間をぬって月収200万を達成した主婦。一眼レフカメラを持ってよくカフェ巡りをしている
  • Cさん:THE・社長なギラギラ系人物。ホームページを開くと気合い!根性!な超体育会系

ちょっと誇張した部分はありますが笑

実績だけ見た先程の場合と比べて、3名の見方が変わりませんか?

「ブランド」とは、他の人と区別するための「イメージ」の事です。「Bさんと言えばカメラとカフェ巡りなイメージだよね」となれば、それはBさんのブランドの1つですね。

3名からだと誰から教わりたいですか?

  • 自分も同じサラリーマンだし、趣味も合うからAさんかな
  • 子育ての悩みも共有できそうだからBさん
  • 体育会系バンザイ!Cさん一択!

理由は人それぞれあると思いますが、「他人から見て『何か好き』の状態を作る」ことがブランドビジネスで大切なことです。

ではブランドを作るにはどうすれば良いでしょうか?

ブランドを作るコツとは?

ブランドを作るには数字じゃない要素、先程の「何か好き」の状態を作るべし。

ポイントとしては次の4つ。

  • コンセプトが明確になっている
  • 「違い」がベネフィットになっている→ 自分自身のパーソナリティが魅力に繋がってるか
  • 価値観や軸を簡単にブレさせない
  • キャッチフレーズで小綺麗にまとめる必要はない

という点です。

誰に向けて何を届けるのか、を考える事がポイント。

まとめ

数字だけ、ノウハウだけでビジネスをすると苦戦を強いられるので、ブランド作りが大事。

「誰に何を届けるか」をしっかりイメージする。