4000名が受講する日本最大のビジネスオンラインスクールとは?

ブログの差別化とは”切り口”だ【3つの事例で解説】

だいすけ
だいすけ

4年と500万円をかけたしくじり体験談を発信!
遠回りを避けたい方はこちらをタップ




ライバルと差別化したい。
他サイトの二番煎じになってる…。

そんな悩みを解決します。

特技や経験を増やすことは差別化には繋がりません。

差別化とは「切り口」です。

つまりどの立場から伝えるか僕は以前、次のように悩んだことがあります。

  • 差別化って何すればいいの?
  • 好きなことや趣味を増やすの?
  • 得意なことや長く続けたことはブログだけど、それだともっと長く続けてる人がいるし…
  • 過去に稼いだ実績を使った、ブログで稼ぐ方法を発信したくない



しかし、「切り口」の視点を学ぶとこれらの悩みが解決できました。



切り口の事例としてクスッと笑える動画も引用しています。

気分転換しながら「切り口」の事例を学んでみてください。


差別化って結局どういうこと?【差別化に悩んだ7ヶ月間】




「とりあえず発信してみたら良いんですよ。だいすけさんはビビってるだけです」

「差別化は考えなくていいです。やりながら見えてくるので」

「読者のニーズを探るためにYahoo知恵袋でリサーチしまくりましょう」




…どれが正しいの?




自分より実績を出している方の話を聞きにいきましたが、回答はさまざま。どれが正しいか、というより、どれも正しい。




だけど、



「とりあえず発信する」の「とりあえず」がわからん…。
誰に何を伝えるか決めないと発信できなくない?



何を伝えるかに関しては
決まっていた。



僕の場合はブログ



これなら人生で一番長く取り組んでるし
何より成果を出せた。



それに、初めて個人で稼ぐ手段を見つけた時、24歳だった僕は衝撃を受けた。




話すことが苦手でも、書いて伝えられるかもしれない。

人間関係に苦しんで、八方塞がりに感じている人に、インターネットの選択肢があると伝えたい。



だからブログ、ひいてはオンラインビジネスの発信をしたい。




でもただブログの発信するだけじゃ
何番煎じなんだい、という話です。



周りにもブログで実績を出してる人はいたし。



そもそも示せるのが実績だけなら
もっと上の実績出してる人に負ける。



てことはやっぱり差別化必要じゃない?



でも人によっては
「差別化は必要ない」
ていう人もいるし。



どういうことや。。。



一時期、差別化として以下を打ち出した時期がある。


  1. Instagram外注化で1年で1万人フォロワー獲得
  2. ブログの習慣化
  3. SEOの専門家
  4. 写真を撮るのが好き(趣味)




これ1~3は、他の発信者と
実績勝負になると負ける。



単純に1万稼いだ人より10万、
10万稼いだ人より100万稼いだ人から
話を聞きたいと思うから。



4に関しては、趣味だから差別化にならない。

ブログの発信をするのに、写真が好きですって関係ありません。




例えば




「キレイ好きで毎日ピカピカに部屋掃除してるので、料理のお悩み解決します!」



と言ってるようなもの。


「掃除してる”ので”、料理の悩み解決」とか言われても意味が分からない。



日本語がそもそも繋がってないし。



趣味で写真撮ってる人から
ブログの話を聞いても…ね。




話を戻しましょう。



読者の悩みを解決するのが
ブログや情報発信の役割です。




なぜあなたの発信を見ないといけないのか。



ここが大事だと思ったんです。
…んー、やっぱり差別化は必要でしょ。



けど差別化って具体的に何をすればいいの…?



僕はこれを7ヶ月もの間悩み続け、
一向に前に進めない日を過ごします。

差別化とは切り口。キャッチコピーやキャラクターで差別化を図るから難しくなる




長い悩み時期を経てたどり着いたのが




「差別化とは切り口だ」



ということ。



この章では、

  • 書籍『三行で撃つ』
  • バズツイート
  • YouTubeアニメ

を参考に切り口の事例を紹介します。

『三行で撃つ』近藤康太郎氏

朝日新聞で連載の『アロハで田植えしてみました』著者、新聞記者の近藤康太郎氏は、『三行で撃つ』の中で「逆張り」と表現しています。



※『三行で撃つ』は、文章の語り口が心地良いくらいスカッとしておもしろいのでおすすめです。文章の書き方だけでなく心構えも学べますよ


芸能人の薬物問題や不倫が発覚すると、悪くすれば芸人生命を絶たれることがある。そのことを、門外漢のわたしが書くはめになった。逆張りで考えるのである。 クスリの、不倫の、なにが悪いのか? もちろんわたしも、薬物摂取の擁護をしたいわけではない。ただ、クスリや不倫で、なぜこれだけバッシングが起きるのか、不自然ではないのか。逆方向に問題を設定してみる。

引用:近藤康太郎『三行で撃つ』第6発 起承転結

満腹な人と空腹な人は意見がちがう

立場が違えば見え方が変わります。
先日バズっていたコチラのツイート↓



『満腹な人と空腹な人は意見がちがう』




立場によって見え方や感じ方が変わりますよね。



情報発信において
独自の切り口を見つけることが
ライバルとの差別化に繋がります。



その人だけの強みです。

みっちーのアニメ『SNSにキラキラ自撮り写真をあげる友達を庇う愛猫』

発信のヒントを学べる事例として、YouTubeの事例を紹介します。



下記のアニメは掛け合いが面白く、
よく見ているのですが、
今回のテーマである「切り口」の事例になると思い掲載しました。




対象(キラキラ自撮り写真をあげる友達)は同じでも、ナミちゃんはよくある反応。

一方でミーコさんは擁護側の立場で物ごとを捉えています。



これ、ブログを書く時にも物凄く大切です。



どの立場で物ごとを伝えるか。
あとでどういう立場があるか紹介しますね。



切り口です。メモ必須。





僕は以前、自分だけの強みがないまま
特化ブログを運営したので
途中で撤退を決めました。



その時のしくじり体験は
下記の記事に書いてるので
タップしてぜひ読んでください。


月30万円の売上を出したVOD特化ブログに見切りをつけた理由



こういった遠回りをしないためにも
自分だけの切り口は何か?
これを探してみてくださいね。


かんがえるさん
かんがえるさん

ちょっと待って。
具体的にどうしたらいいの??




ご安心ください。
次の項目では、切り口の具体的な見つけ方を紹介します。



これはブログに限らず、
情報発信全般に言えるので
ぜひ活用してみてください。

じゃあ自分だけの切り口って何?どうやって探せばいいの?




切り口が大事だということはイメージできたと思います。

次は「じゃあ自分だけの切り口って何?」とギモンに思いますよね。



そのヒントが『アフィリエイト戦略思考』さんの記事にあります。

特にこの記事はブックマークして何度も読むべきです。


その道の”専門家”として語るのか?

別の専門家の視点から語るのか?

その道の”情報通”として語るのか?

”マニア(オタク)”として語るのか?

”体験者”として語るのか?

”初心者”として語るのか?

”熟練者”として語るのか?

”成功者”として語るのか?

”失敗者”として語るのか?

”先駆者(元祖・パイオニア)”として語るのか?

独特な発想で語るのか?

面白い文体で語るのか?

徹底的なデータをもとに語るのか?

第三者の声をどこよりも大量に集めて語るのか?

他のジャンルと組み合わせて語るのか?

あえて真逆に(反対意見として)語るのか?

特定のニーズに絞り込んで語るのか?

順序を入れ替えて語るのか?

特定のシチュエーションに限定して語るのか?

特定の職業に限定して語るのか?

特定の利用シーンに限定して語るのか?

引用:アフィリエイトにおける「視点」とは”どのように語るのか?”ということ


僕は「差別化とは切り口の事だ」と理解してから、自分にはどういう切り口があるのか探しました。



人生で一番長く取り組んだことや

人生で一番衝撃を受けたこと。




それらを書き出し、自分の切り口が何か探してみましょう。


人に聞くのも時には大切ですが
自分で自分をじっくり観察してみてください。




自分だけの発見がありますよ。

まとめ

差別化とは切り口のこと。


どの立場から言うかで
物ごとが違って見えます。



ここにたどり着くまでが
長かった…。




今回の話で差別化のキモは「切り口」にあるとわかってもらえたと思います。



あとはあなたにどんな切り口があるのかを探してみてください。
必ずあなただけの切り口があります。



ノートに書き出しながら
探してみましょう。
すぐに見つからなくても大丈夫なので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。