何の記事ネタでアクセスが集まるかわからない?アクセスが集まる人と集まらない人の決定的な違い!

どうもだいすけです!

今回は以下のブログ相談を受けました。

「趣味の旅行記事を書いたけど反響が少なかったので、料理の記事を増やした。でも反響が少ないから、結局何を書けば良いかわからない」


ブログの記事ネタに迷う方は結構多いです。

ただ共通して陥っている「落とし穴」があります。この記事を読めばサクッと記事ネタの問題は解決しますよ!



最初に僕の自己紹介がこちらです。

  • ブログを続けてもアクセスが伸びない、月数万稼いだ後が続かない方がブレイクスルーするためのブログノウハウやマインドを配信
  • ブログアフィリエイト歴:2017年12月~
  • トレンドブログ、特化ブログ、情報発信ブログ運営
  • 記事添削回数のべ100記事以上
  • 豆苗日記ブログで全くアクセスがない4ヶ月を過ごしたけれど、SEOを学ぶことで最高月間44万3,210PVを達成
  • 個別コンサル:アドセンス一発合格、収益化メンバー輩出

あなたがこの記事を読むと、

  • あなたの記事が読まれる方法
  • 自分の中でネタを探してわからなくなる
  • どういうネタを書けばいいのか

ということが解決します。

それではさっそくみていきましょう。

アクセスを集める人vs集められない人

相談を聞いていると

  • 何を書けば良いかわからない
  • 自分の文章がおもしろくないのか
  • 長くブログを書いてるけど伸びない

といった悩みを聞くことがあります。


冒頭の悩み相談の方は、

  1. 趣味に関して記事を書いた
  2. 反響少ない(アクセスがない)
  3. 別ジャンルを増やしてみた
  4. やっぱりアクセスない
  5. 気分下がる

といった感じです。


ただ記事を見させてもらうとしっかり書かれているんですよね。

じゃあなぜアクセスが集まらないのか?

それは…



読者が記事にたどり着いて無くて読まれてないから。




「え、記事書いたしTwitterで流したから読まれてるでしょ。」



記事は書いて公開すれば読まれるわけではありません。

そう、ただ読まれてない可能性が高いんです。



だから、文章が下手とかじゃありません。

文章は練習すればいくらでも上手になるので。

じゃあ具体的にどういうことをすれば良いのでしょうか?

キーワードは狙ってるはずなのに記事が読まれない本当理由

長く続けている方であれば、キーワードが重要なことは知っている方も多いでしょう。

ただ検索キーワードの検索意図がポイントなんです。

まだ使ったことがない方向けに書くと、検索キーワードの探し方でおすすめのツールがこちら。

  • ラッコキーワード
  • サジェスト
  • ウーバーサジェスト
  • キーワードプランナー

具体的な使い方は割愛しますね。

使い方を解説しているサイトや動画があるのでそちらをご覧ください。

そのキーワードで検索する人は

  • どういう悩みを解決したいのか?
  • どんな情報を知りたいのか?
  • どんなキーワードで検索するのか?

もう一度書きますが

重要なのは検索意図です。



ここを意識して書けていたでしょうか?

もし意識できてなかったら、これから意識して記事作成していきましょう!

検索キーワードを入れずに記事作成をすると…?

ほとんどの場合が、

  • 記事タイトルに検索キーワードを入れていない
  • 検索意図に沿っていない記事内容

が問題です。

記事タイトルとは、お店の看板であり入り口。



看板が出てないお店に入らないし、看板がなければ何のお店か分かりませんね笑。




具体的にキーワードツールで調べたりして、検索キーワードを入れてタイトルを作りましょう。

まとめ

今回の記事は『何の記事ネタでアクセスが集まるかわからない?アクセスが集まる人と集まらない人の決定的な違い!』というタイトルで紹介しました。



検索キーワードを入れてないことでアクセスが集まらないのは非常にもったいないです。

だから検索キーワードを使ったタイトル作りと検索意図に沿った記事作成をしてみてください。



でも記事を作るうちに方向性に悩むとか、「これで良いのか?」と悩むこともあると思います。

僕の公式LINEでは、

「月1万円以上稼いだことがあるけど、月5万~月10万の壁が越えられない方」が、

さらに収益を伸ばすためのノウハウやマインドを配信しています。



登録特典として、noteで有料販売している、

収益を右肩上がりに伸ばすネタリサーチ術

を無料プレゼントしています。



ライバル不在で普遍的に稼げる記事ネタジャンルも暴露しています。


真似してガンガン記事を書いてください。

「真似すれば飽和するんじゃないの?」



このように心配する方もいますが、
僕が進める記事ネタの探し方は飽和がありません。


需要がなくなるとすれば、Googleがなくなったり、人々が悩みを検索しなくなったりする時でしょう。

(これから先人の悩みが消えることはないと思いますが)



公式LINEに登録して、無料特典をかならず受け取ってください。

プレゼントは予告なく変更する場合があるので、すぐ登録をおすすめします。